すんなーの世界一周 トラベロベッロ

世界一周 トラベロベッロ

世界一周ブログ。海外旅行役立ち情報。旅先での最新情報を随時更新。

イースター島でモアイとダイビング!?してきました

スポンサーリンク

こんにちは、すんなーです。

 

以前からダイビングのオープンウォーターライセンスは取得していましたが、世界一周の出発を機にアドバンスのライセンスも取得しました。

 

中南米はダイバーの聖地とも言えるダイビングスポットが豊富にありますね。

まだ本数は15本程度しか経験のない僕ですが、今回の旅でガラパゴス諸島など人気のダイビングスポットにも挑戦する予定です。

 

今回はイースター島でダイビングしてきましたので、どんな感じだったかまとめたいと思います。

 

イースター島でオススメのダイビングショップは?

f:id:sunner12:20190502015320j:image

イースター島のダイビングショップは僕が知る限り5箇所!

もしかしたら他にもあるかも知れませんが、主に村の中心部にあるダイビングショップは3箇所です。

場所はこの辺↓

f:id:sunner12:20190502013957j:image

海沿いにダイビングショップが3件並んでます。

アクセスしやすい場所にあるので、ほとんどの人がここのいずれかのダイビングショップにお世話になるかと思います。

ほかのダイビングショップは村のはずれにあるので、たまたま近くに宿泊してる場合以外は縁がないかもしれません。

値段はどこのショップも差はあまりないので、順番に聞いて条件合うところに決めるのがいいでしょう!

どこのショップも英語が話せるスタッフはいる様子でした。

 

ショップ毎でモアイのいるポイントに行くのが1日2回、日曜日は休み、だいたいこんな感じでした。

モアイのポイントに行く時間がショップ毎でバラバラなので、自分のスケジュールで都合のいいところで予約してください。

僕が行った時は、人がいっぱいで予約が取れないって感じは一切なかったです。当日でも翌日でも好きなところで選べました。

よほどタイトな旅程の人や大人数以外は、イースター島到着の当日か翌日にショップに行って予約すれば十分だと思います!

 

イースター島でのダイビングはそれほど経験は求められません。

ダイビングの経験本数、ライセンスの有無、最後に潜ったのがいつかは聞かれました。

25m前後まで潜るので当然アドバンス推奨ですが、オープンウォーターの人も一緒に潜っていたのでアドバンスのライセンスは必須ではないようです。

ただしライセンス無しは体験ダイビングのみなので、モアイのいるポイントにはいけません。

ダイビング当日にライセンスは持参するように言われますし、ライセンスを持ってない人は実際に断られてました。

 

僕が選んだショップでは、機材レンタル全て込みで1本35,000ペソ(日本円で5800円位)。

安い!!値段も安かったのでモアイのポイントと洞窟のポイント2本潜ることにしました。

高いショップでも1本40,000ペソだったので、700円程度の差ですね。噂では高いショップの方が機材が綺麗だとか…

潜るポイントは同じなので、ショップ毎の違いはそれぐらいのようです。

 

港の3軒並びの真ん中の ”Mike Rapu Diving Center“ というダイビングショップにしましたが、対応も良く値段も安かったのでオススメです。

f:id:sunner12:20190502015415j:image

 

となりの “Orca” って言うダイビングショップも大手のショップらしいです。Orcaの方が値段は高かったですが、2本目以降は潜る本数毎に割引があったので沢山潜る予定ならこちらのショップがいいかもしれません。

ここの並びの3つのダイビングショップならどこを選んでも問題なさそうなので、あとはスケジュールとフィーリングで決めてください!

 

 

イースター島ダイビングは海中でモアイと会える!

f:id:sunner12:20190502014107j:image

イースター島でのダイビングの見所はなんといっても、海中でモアイ見れるところです!

 

その辺にごろっと転がってるので最初は全然気付きませんでした。

ちなみにこのモアイ、レプリカらしいです。意外と小さいけど、これでも4トンくらいあるんだとか!!

 

 

モアイと記念撮影。

f:id:sunner12:20190502014134j:image

 

海中にはあまり魚がいなかった…

f:id:sunner12:20190502014154j:image

 

正直言うと、モアイがいるってところ以外は大したことないです。

僕が潜ったことがあるのは、ライセンス取得時を除けば沖縄とグアムしかないですがそっちの方が断然綺麗でした。

透明度は天候で左右される部分もあるので比較は難しいかもしれませんが、期待を上回ることはなかったのが正直な感想です。

個人的に残念だったのは、魚が全然いなかったこと!もっといろんな魚が見れると期待していたので、この点はガッカリ…

 

もともとイースター島のダイビングでは、あまり魚は見れないみたいです。

僕は2本潜りましたが、モアイを見るだけなら1本潜ればそれで十分だと思いました。

主要なポイントも3、4箇所で、モアイが見れるのは1箇所のみなのでそれだけ潜る観光客が多かったです。

 

まとめ

イースター島でのダイビング、期待値は越えてきませんでしたが値段も安く、ダイビングスキルが必要と言われるガラパゴスの前に少しでも経験を増やせたので総合的には満足でした。

久しぶりのダイビングであたふたした場面もありましたが、初心者でも心配せずに潜れるスポットだと感じました。

次に南米で潜る予定なのがガラパゴス諸島なのですが、スキル的にはかなり不安ですね。

ダイビングするときはいつも無事に生きて帰ってくることを目標にしてる初心者です。笑

イースター島で出会った旅人から、20本程度の経験でもガラパゴス諸島でのダイビング大丈夫だったと話が聞けたので、少し安心できました。次回のダイビングも安全に楽しみたいと思います。結果はまたブログで。

 

今後も旅記事更新していきます。よろしければ読者登録お願いします↓