すんなーの世界一周 トラベロベッロ

世界一周 トラベロベッロ

世界一周ブログ。海外旅行役立ち情報。旅先での最新情報を随時更新。

「イースター島観光情報」観光日数は何日必要?治安は?

スポンサーリンク

こんにちは、すんなーです。

 

前回の記事でイースター島の観光について紹介しました。

 

www.uemurashunsuke.com

www.uemurashunsuke.com

 

 

今日の記事では、実際に行ってみて感じたイースター島の治安や、何日あれば島内を十分観光することができるか等の観光情報について書きたいと思います。

イースター島への旅行を考えている方は是非参考にしてみてください。

 

イースター島の治安は?

f:id:sunner12:20190508123728j:image

イースター島の治安は良いと言えるでしょう。

チリは南米のなかでは一番治安が良いと言われていますが、イースター島はチリ都市部のサンティアゴなどと比較しても断然良いように感じました!

 

日中の明るい時間は、身の危険を感じることは一切無かったです。

村の人口も3000人程度と少なく、人混みは皆無です。

都市部では奇声をあげながら歩いてる人や物乞いなど、あまり近付きたくない人に出くわすことは多々ありますが、滞在中にはそういった不審者は見かけませんでした。

 

島の人たちも、優しく温和な人が多い印象でした。

村での犯罪率は低いようですが、時々空き巣などの軽犯罪はあるそうなので過度の油断は禁物です。

 

夜の時間帯は、深夜12時頃に出歩いても危険な感じはありませんでした。

意外にもミニマーケットなどのお店も深夜12時位まで開いています。

日中でも人通りは多くありませんが夜は人気がかなり少ないので、深夜に出歩く場合はメインストリート以外はなるべく避けたほうがいいでしょう!

 

島のゆるい雰囲気に、どうしても危機意識が薄れてしまいがちだと思いますが、油断しすぎなければ治安面は心配しなくて大丈夫です。

 

イースター島観光は3日が目安!?その他島内情報

f:id:sunner12:20190508123724j:image

イースター島をしっかり観光するなら、最低2泊3日は必要でしょう!

ちなみに僕は5泊6日で行きましたが、日数はちょうど良かったです。

 

今回、チリのサンティアゴとイースター島の往復チケットを取りました。

イースター島は飛行機の便数が多くないので安い航空券で来ようと思うと、サンティアゴからの場合3日間滞在か6日間滞在のいずれかが安かったです。だいたい3日おきに安い便がある感じ。これは当然航空券を取る時期によって変わるでしょうが、3泊、4泊の滞在にすると比較的航空券が割高になる傾向はある様子でした。

 

航空券の安い日程で考えると2泊3日の滞在にするか迷いましたが、結果的には5泊6日にして大正解!!

サンティアゴ〜イースター島間の航空券も往復で、1人5万円以下で購入できたので想定よりは安く来れました。

 

僕はゆっくりと観光して周りたかったので5泊しましたが、観光して周るにはかなり余裕がありました。

主要なポイントを観光するには、丸2日間あれば十分でしょう!

ややタイトなスケジュールになりますが、2泊3日でも午前中に島に着いて、午後からすぐ周り出せば見所ほぼ網羅できると思います。

全くオススメはしませんが、有名どころだけ見れればそれでいいという方は、1泊2日でもいけなくはないです。

 

滞在中は全日丸一日観光するぞっていう場合は、2泊3日か3泊4日位がちょうどいいでしょう。

天候によっては、夕日や朝日が見れなかったりもあるので観光に3日はほしいですね!

ダイビングする場合は、それだけで半日〜1日は必要なので考慮しないといけません。

 

せっかくイースター島まで来るなら5日間くらい滞在するのを僕はお勧めします!

5日間あれば気にいったところは何度かいく余裕がありますし、島には良い感じのビーチもあるので1日はビーチで過ごすのもいいかもしれません。

6日いても特に飽きることもなく、詰め詰めで観光はしなかったので行けてないポイントも残るくらいでした。

 

国立公園の有効期限が最初に入場してから10日間なので、10日以上の滞在を考えてる方は注意が必要です。 

国立公園のチケットを2回買う手もありますが、入場料はそこそこ割高です!

入場料は US80ドル or CLP54,000 なので1万円近くします。

 

国立公園のチケットは空港到着時に購入すると割引があるとかないとか…。僕が訪問した際は閉まっていて空港で購入できませんでした。

島内のいざこざで一時的に空港で販売してないみたいでしたが、普段は空港で買えるようです。販売ブースは、飛行機を降りてからバゲージクレームまでの間にあり、かなり小さな空港なので 開いていれば見落とすことはないでしょう!

f:id:sunner12:20190508123057j:image

 

バゲージクレームから先に出てしまうと、空港での購入はできなくなるので預け荷物を受け取る前に購入しましょう。観光目的で来ている場合は国立公園のチケットは必須になるかと思います!

 

チケットを買わないと主要なモアイは見れないので、モアイに興味ない方以外は空港で購入して下さい。

空港で購入できなかった場合でも、村中心部にある ”Park ticket office“ でも購入可能です。支払いにクレジットカードを使えるとの事前情報がありましたが、現金のみしか使えませんでした。

村内にはATMもありますし、スーパーやミニマーケット、コンビニみたいなところ等、基本的にはどこでもクレジットカードは使えました!

 

やや割高ですが意外と品揃えは豊富で、自炊する分には十分な品揃えでした!

LATAM航空はイースター島間の便は預け荷物が2個まで無料なので、自炊派の人は滞在日数分の食材をチリ本土で仕入れておくのが良いと思います!

 

イースター島は国立公園自体が広いこともあって、主要な観光スポットでも人でごった返すことがなく、ゆっくり見てまわったり写真を撮ったりできたのが良かったです!

全体的に治安の悪い南米ですが、イースター島なら旅慣れてない人でも安心して観光できるでしょう。

 

イースター島における移民法が施行されましたので、イースター島渡航時には全日程の宿泊予約のバウチャーが必要になります。

宿泊先のバウチャーがない場合、搭乗できない可能性もあるのでご注意ください。ネットが無い時でもバウチャーを見せれるように印刷かスクリーンショットを撮っておきましょう!

 【Booking.com】 での予約なら、当然バウチャーも発行されますので、宿泊予約は早めに済ましておきましょう!

 

お得な宿泊料金を検索  ⬅︎⬅︎⬅︎

Booking.com