すんなーの世界一周 トラベロベッロ

世界一周 トラベロベッロ

世界一周ブログ。海外旅行役立ち情報。旅先での最新情報を随時更新。

北海道一周ツーリング①オロロンラインを行く!札幌から最北端の街稚内へ

スポンサーリンク

こんにちは、すんなーです。

今日のブログは北海道一周の持ち物と北海道一周ツーリングDAY①。

 

北海道に移住して約1カ月!

ようやく引越しの片付けもひと段落しました。

 

せっかく北の大地まで引越してきたので、やっぱり大自然を満喫したい!

札幌住みでも車で2〜30分も走らせれば、そこにはのどかな景観が広がります!

 

 

www.uemurashunsuke.com

 

 

移住後早速ですが、さらなる大自然を求めてまずは北海道一周してきます。

決まっているのは札幌スタートで時計回りに一周。期間は1週間を目安に、あとは天候とも相談しながら気の向くままに行きたいと思います!

 

まずは北海道最北端!稚内を目指します!

 

北海道一周準備編(持ち物)

 

出発当日の朝。

う〜ん‥

北海道一周何持って行くべきなのか!

 

 

結論!!

たかが北海道一周、ましてや一週間程度なら別に何もいらんな!笑

 

バックパッカーで世界一周をしてきたことで断捨離じゃないけど、本当に必要なものしか持たなくなったので普通の人より旅行の荷物はたぶん少ないかも。

友人と旅行に行っても、皆がスーツケースで来るなか自分は小さいリュック一つだけなんてこともよくある。笑

 

持ち物は参考程度に。

 

持ち物

・Tシャツ ×5

・下着 ×5

・GoPro

・カメラ

・薄手のウインドブレーカー(兼カッパ)

・ケータイ・カメラの充電器

・歯ブラシ、お泊まり用の風呂セット

・速乾タオル

 

 

持ち物は以上!

考えるの面倒くさいので、着替え5日分をカバンに突っ込んだだけですね。笑

必要なものがあれば途中で買い足すスタイルで!

 

必要十分かと思いますが、北海道一周走破後に必要だったものは振り返りたいと思います。

 

ただキャンプする人はもっと荷物がいるんでしょうね。

キャンプめっちゃしたいなぁと思いつつも、今回は中型バイク1台に妻とタンデムツーリングなのでキャンプ用品は断念!

 

寝袋だけは持って行きたかったけど、寝袋2つあると荷物がかさばりすぎるのでそれも諦めることに…

 

基本的にはライダーハウス泊。通称”ライハ”に泊まる予定なので、寝袋は無しでもなんとかなるかな。

 

愛車は積載性皆無なので、これは致し方ない。

愛車はこちら⬇︎⬇︎⬇︎

 

www.uemurashunsuke.com

 

 

出発は7月下旬と言っても、北海道なめたらいかんです!!

夏でも、まあまあ寒いので暖かい格好をしていきましょう!

僕の出身である関西と比較すると、体感は関西の4月上旬と北海道の7月下旬が同じくらいに感じます。

 

日中、陽が出てると暖かいですが山道やトンネルの中はめちゃ寒です。

今の時期でパーカーを着てちょうどくらいです。夜も走るつもりならダウン必要なくらい‥

 

札幌から稚内へ!オロロンライン

f:id:sunner12:20190722080209j:image

北海道ツーリング1日目 

準備も整い、いざ出発です!

愛車のODOメーターは1960kmを指しています。

北海道一周の走行距離は約2〜3,000kmなんだとか!

 

約1年前に新車で買ってから、まだ2,000kmしか走ってないので自分の年間走行距離に匹敵する。

さすが北海道。でっかいどう。

 

にしても、1年間で2,000kmって全然乗ってないな!

 

 

目指すは北海道最北端!!

それすなわち日本最北端!!!

 

最北端とか最南端ってそこに大したものがなくてもなんか異様にテンションあがる響。

 

 

いやはや日本最北端には何があるのか。

こういうのは辿り着いた時より、行く前のこのワクワク感、高揚感がなにより良い!

 

 

札幌から稚内まではおよそ300km。

走行時間は6時間といったところ。

 

稚内までの道中で見所といえば、オロロンライン!

本州にはない、北海道のひたすら真っ直ぐな道。良いですよね!

 

 

実際にオロロンラインを走ってみた感想〜

f:id:sunner12:20190722080302j:image

自然の中を走るのは最高に気持ちいい!もちろん信号もほとんどなく道も混んでない。

道の駅はいたるところにあり、ガソリンスタンドの数もこの区間に関しては想定より遥かに多い。

 

この日は天候にも恵まれ、ツーリングは快適そのもの。

海沿いで景色も良いし気持ちいいのだが、ただいかんせん、どこがオロロンラインか分からん!笑

 

札幌から走れど走れど、自分の想像していたオロロンラインは中々姿を見せない。

あまり下調べはして来なかったので、通る道が違ったのかと思いましたが、稚内を目前にして求めていた景色に出会えました!

 

 

 

稚内に着いてから知ったのですが、オロロンラインとは小樽市から稚内市間を繋ぐ道の総称のようです。

なのでかなり広範囲!オロロンラインとはピンポイントで、ある区間を指すものだと勘違いしていました!

 

どうりでどこがオロロンラインか分からないわけです。笑

 

小樽から稚内を目指す場合はそのまま海沿いを、札幌から稚内の場合は石狩市辺りから海沿いを走っておけば、とりあえずオロロンラインにはとりあえず辿りつけます。

 

 

そして、僕の想像していたオロロンラインは天塩町から稚内を結ぶ海沿いの道106号線にありました!

通称、”宗谷サンセットロード”

Googleマップでも、そのまま検索すれば出てきます!

 

左手には海、右手には風力発電機、そしてひたすら真っ直ぐな道。

ここの区間はストレートな道が約40km続きます。

 

f:id:sunner12:20190722074446j:image

これ!これ!

ワインディングも楽しいけど、北海道といえばこの真っ直ぐな道を走りに来たかった!!

しかもサンセットロードというだけあって、夕日がめっちゃ綺麗。

 

この道を通ったとき、偶然にも夕日の時間。

稚内へと北上していく場合には、利尻島に沈む夕日を見ながら走行できます!

 

初日終盤にて、素晴らしい景色を見ることができました!

 

スピードの出し過ぎには注意です。

札幌出発からおよそ6時間、13時半に出発して陽が沈んだ19時40分に稚内に到着しました。

今日は稚内に泊まることにしました。

 

稚内 ライダーハウス みどり湯

f:id:sunner12:20190722074551j:image

稚内で人気のライダーハウスみどり湯に宿泊することにしました。

ここは銭湯とライダーハウスが併設されていて、セイコーマートも歩いて2、3分の所にあるのでなにかと楽でした。

 

f:id:sunner12:20190722074619j:image

着いたのが20時前で、銭湯が20時半までとのことだったので急いでお風呂に入ります。

銭湯が440円で、宿が1人1泊1,000円。

ライハ安ッ!しかも個室でベッドと毛布も付いてます。

ライハクオリティ高め!!

 

f:id:sunner12:20190722074635j:image

ベッドはあまり綺麗ではないので、キャンプしなくても寝袋はやっぱりあった方が良いですね。

けどライダーハウスって畳の上で布団無し雑魚寝のイメージだったので、1,000円でこれなら十分すぎる快適さでした!

 

銭湯にはシャンプー、ボディーソープ、化粧水、ドライヤー完備で文句なし!

 

 

宿泊のルールとしては21時までに食事を済ませて広間に集合すること。

稚内には食事をする所はいくつかありますし、セコマでサクッと食べるのもありですね。

 

そして、ここの宿のクチコミで気になっていたのが、強制的に松山千春を歌わされるというところ。笑

 

 

真相はいかに…

 

 

食事は宿に着く前に済ましていたので、お風呂からあがり21時になると集合写真を撮るからと呼ばれました。

集合写真はほぼ強制らしい。

そのあと、半強制で一人づつ自己紹介。

からの全員で松山千春の”大空と大地の中で”を合唱!

 

f:id:sunner12:20190722074705j:image

強制的に自己紹介とか、歌わされるって聞くとクセが強そうな印象を受けますが、実際は楽しい雰囲気で無理強いされる感じではないので交流の場として良かったです!

オーナーさんも優しいお母さんという感じでした。

 

この日は宿泊者は7名でしたが、GWやお盆なんかは30〜40人とかになるそう!

 

 

歌い終わった後は、消灯の23時まで談笑したりお酒飲んだり。

 

f:id:sunner12:20190722074723j:image

北海道焼酎のビッグマンがサービスで飲み放題。

スッキリした味わいで飲みやすかったです!

 

 

明日は最北端の宗谷岬に行って、

そのあとは行く場所もルートも未定です!

気の向くままに行く、それが旅ですね。笑

 

北海道一周ツーリング1日目

札幌 → 小樽   走行距離 306 km